MENU
本気でブログで稼ぎたい人のための限定コンテンツを公開中!詳細はここをクリック!

【完全無料】公式ライン×…収益を2倍にする自動販売戦略

トム

この記事は公式ラインを利用した自動販売戦略のノウハウをご紹介します。

いつも記事を読んでいただきありがとうございます。

この記事では公式ラインを使った誰でも無料でできる自動販売戦略をご紹介します

あなたは今までに数多くの収益化手法を経験してきたのではないでしょうか?

しかし、中々稼げない…と挫折してしまったことがあったはずです。

その理由の一つにダイレクトにあなたの配信が届いていないことが挙げられます。例えば

Youtubeであれば、チャンネル登録してもらっても、おすすめに出てこなければ動画を見てもらえない
ブログであれば、SEO上位表示しないと記事を読んでもらえない

などの理由が考えられます。

それではせっかく頑張って活動していても成果が出なければモチベーションが上がりにくいですよね?

しかし、公式ラインを使えばそのデメリットを確実に解消することができます。

LINEはあなたも使っているツールのはずですから説明は不要ですよね。
通知が届けば嫌でも既読にしてしまうと思います。

今回の記事では公式ラインを使った収益化自動販売戦略を紹介します。

この記事を最後まで読めば、公式ラインを使った以下のノウハウを手にすることができます。

・自動で商品を販売する仕組みを構築できる
・あなたの商品が売れる確率を高められる
・今の収益額を2倍以上に増やせる
・自身のメディアを確実に宣伝ができる

更に本ブログの限定特典として自動販売システムの導入サポートも行っています。

そのため初心者であっても安心して収益化に挑むことができます。

ブログ×公式ライン
せどり×公式ライン
SNS×公式ライン
Yotube×公式ライン…

すべての副業に取り組む人にとって今すぐにでも設定しておかなければ後々集客できなくなり悲しい想いをしてしまうでしょう。

ぜひ今すぐ一緒に稼げるようになっていきませんか?

公式ラインを使った自動販売戦略概要

まずは『公式ラインを使った自動販売戦略』の概要を説明していきます。

自動販売戦略の構成
①無料で使える自動ツールの導入方法
②10個のステップ配信で収益を倍増させる自動販売戦略
③高額商品販売で収益を爆増させる㊙戦略

これらの戦略記事は全て無料で読むことが可能です

無料で使える自動ツールの導入方法

まずは公式ラインの立ち上げと自動配信ツールであるプロラインフリーに公式ラインのアカウントを紐づけないと、この副業は始められません。

本記事ではこの副業を始める準備段階として「公式ラインの作り方とプロラインフリーに紐づける方法」をご紹介します。

既に公式ライン運用をしている人でも取り組むことのできる方法です。

また、この記事を読んでもらえればほぼ間違いなくアカウントの紐づけ方法を理解できるはずですが、初心者向けに導入サポートも行っています。

無料導入サポートは以下ののラインから

友だち追加

10個のステップ配信で収益を倍増させる自動販売戦略

2つ目の記事では実際に有効なステップ配信の構築手法についてご紹介します。

この記事の内容を実践してもらえれば10ステップで商品を売るノウハウを手にすることができます

ここからは限定記事となるため、必ず私の紹介したURLから『プロラインフリー』へ登録を行ってください。

そうでないとこの限定ノウハウをお伝えすることが難しくなってしまいます。

高額商品販売で収益を爆増させる㊙戦略

実践すればわかることですが10ステップの配信だけでは確実に限界が来てしまいます。
売れても1商品当たり数千~数万円程度の商品です。

きっと商品が売れだしてくるとその額では満足できなくなってしまうのが人間の性(さが)です。

本記事では10万円以上するような高額な商品を販売するステップ配信戦略をご紹介します。

この手法までたどり着ければ月収100万円も夢ではなくなります。

後半の2つの記事は私の紹介したURLから『プロラインフリー』へ登録を人限定の記事です。

このノウハウを逃したくないのであれば上記のURLから『プロラインフリー』へご登録をお願いします。

なお、条件さえ守ってもらえれば無料で貰える記事なのでご安心ください!

自動販売戦略を使うメリット

自動販売とはその名の通り、一度仕組みさえ構築してしまえばあとはラインに人を集めるだけで商品が自動で販売できる収益化モデルです。

今回は『プロラインフリー』というツールを使って自動販売戦略を行っていきます。

プロラインフリーのメリットを大雑把に上げると

・無料で詳細なステップ配信が使える
・他のライン自動化システムに比べて料金が圧倒的に安い
・全自動で販売する仕組みの構築可能
・ラインを使ったマーケティングを学べる
・無料コンサルが付いてくる

などなど正直これほど優秀な自動化方法はありませんでした。

特に料金面が優秀で無料分だけでも全自動の販売戦略が構築できるほど優秀です。

より詳しいメリットを確認したい場合は以下のページから確認してみてください。

きっと考え方が大きく変わります。

無料LINE自動化ツールの無料導入サポートのご案内 全機能が無料で使える公式LINE自動化ツールの導入(通常3万円)を、無料でサポートします。人数限定

導入手順

ここまで読んで「自動化戦略を導入してもいいかな!」と思ってもらえたら、実際に導入を行っていきましょう!

導入も運用も基本無料で行うことができるので今すぐ設定しておくだけでも後々役に立ちます。

手順は非常に簡単で15分あればできます。

①公式ラインを作成する
②私のページからプロラインフリーへ登録する
③アカウントを紐づける

この3ステップをステップを踏むだけで自動販売戦略を導入することが可能になります。

それでは具体的に導入を行っていきましょう。

公式ラインを作成する

自動販売戦略を導入するには、あなた自身の公式ラインを作成する必要があります。

既に自身の公式ラインをお持ちであればこのステップは読み飛ばしてください。

※公式ライン=LINE公式アカウント

スマートフォンからアカウントを開設する方法

スマートフォンからアカウントを開設する際は、以下の手順で行います。

  1. LINEビジネスIDを作成
  2. 「LINE for Business」アプリをダウンロード

iOSでダウンロードする方はこちら

Androidでダウンロードする方はこちら

  1. 「LINEアプリでログイン」または「メールアドレスでログイン」をタップ
  2. 「アカウント作成」をタップ
  3. 必須項目を入力して「確認」をタップ
  4. 「アカウント作成」をタップ

引用:LINE公式アカウントを新規作成するには?

LINE公式アカウントを初めて利用するという方は、まずはLINEビジネスIDを作成しましょう。

LINEビジネスIDは「LINE公式アカウントを無料で始めましょう」のページから、「アカウントの開設」をタップして作成することができます。

LINEビジネスIDが作成でき、アプリのダウンロードが完了したら、LINEアプリとメールアドレスのどちらでログインするかを決めましょう。

2つのログイン方法についてまとめておくと、以下のようになります。

  • LINEアプリでログイン:個人のLINEアカウントと紐づける
  • メールアドレスでログイン:メールアドレスと紐づける

ログイン方法によって利用できる機能が若干異なるため、注意しましょう。メールアドレスでログインした場合、LINEアカウントでログインすると使える「LINEでテスト配信の受信」「支払い情報の登録」は利用できません。

つまり、無料で配信できるメッセージ数を超えて有料プランに移行したい場合、支払い情報の登録のためにLINEアカウントでビジネスIDを作成する必要があります。

個人のLINEアカウントと紐づけてログインしても、プライベートの友だちのLINEの画面にあなたのアカウントが表示されることはありません。

そのため、本格的なビジネス運用を検討している方は、あらかじめLINEアカウントでログインすることをおすすめします。

LINE公式アカウントにログインできたら、あとは画面の案内に従って必要項目を入力するだけですので、あっという間にアカウントの開設は終わります。

パソコンからアカウントを開設する方法

パソコンからアカウントを開設する方法は以下の通りであり、スマートフォンでの開設方法と流れは同じです。

  1. LINEビジネスIDを作成
  2. LINE for Business」にアクセス
  3. ご希望のアカウント種別を選択
  4. 「LINE Business ID」にログイン
  5. 必須項目を入力して「確認する」をクリック
  6. 「入力内容の確認」で「完了する」をクリック

初めてLINE公式アカウントを利用する方は、まずLINEビジネスIDを作成しましょう。

LINEビジネスIDの作成はこちらのリンクより、「アカウントの開設」をクリックして作成可能です。

またログイン方法には「LINEアカウントで登録」と「メールアドレスで登録」の2つがありますが、おすすめは「LINEアカウントで登録」です。

LINEアカウントでのログインがおすすめな理由について、詳しくは スマートフォンからアカウントを解説する方法 にて解説済みです。

ログインができたら、あとは必須項目を入力することでアカウント開設が完了します。

登録後のプロフィール設定に関する注意点

LINE公式アカウントが開設できたら、アカウントのプロフィール設定が必要です。

以下の項目に関して入力する必要がありますが、なかでも注意すべきポイントについて簡単に紹介します。

まず、登録後のプロフィール設定では以下の項目の入力が求められます。

  • アカウント名
  • 業種(大業種・小業種)
  • 会社/事業者名
  • メールアドレス

アカウント名に関してはあとから変更できるため、あまり悩みすぎずにササっと決めてしまいましょう。

また、会社/事業者名は入力しなくてもアカウント登録を進められるため、個人利用の場合は未入力でもOKです。
ただし、メールアドレスの入力は必ずしなけらばならないため、設定しておきましょう。

注意すべきなのが業種(大業種・小業種)の登録であり、こちらについては登録後に変更することができません。

そのため、適当に選択したり誤って選択したりしないように気をつける必要があります。

個人でビジネスを行っているなら大業種「個人」・小業種「個人(起業家・経営者)」を選択すれば間違いがないと思います。

プロラインフリーに登録を行う

公式ラインが作成できたら次はプロラインフリーへ登録を行います。

以下のボタンか文字が青くなっているリンクからプロラインフリー友だち追加(パソコンの場合、先にメールアドレス登録)をしてください。

その後画面の流れに沿ってメールアドレスとLINE登録の両方を完了してください。

これだけでプロラインフリーに登録ができます

プロラインフリーと公式ラインを紐づける

プロラインフリーに登録が完了したら、公式ラインとの紐づけを行います。

プロラインフリーの画面には沢山の項目があるため、迷わないように進めていきましょう。

設定→初期設定→アカウント設計を始めるをクリックで、アカウント設定を開始すると画面に紐づけ方法が出きます。

基本的にはそのガイドに沿うか、本記事を参考にして紐づけを行ってください。

それでもやり方がわからなければ以下のLINE からサポートに登録して質問をしてください。導入の手助けをさせていただきます。

このラインへの登録は特典を受け取る条件にもなっていますので、確実に登録するようにしてください。

友だち追加

それでは実際に導入の手順を画像を使って説明していきます。

設定→初期設定→アカウント設計を始めるをクリック

アカウント初期設定ナビで始めるをクリック

LINE公式アカウントと連携する他ツールを現在利用中ですか?→いいえを選択

基本的には「いいえ」から次へをクリックします。

Lステップに代表されるツールを利用していれば「はい」を選択してください。

連携したいLINE公式アカウントはもうお持ちですか?→はいを選択

この段階で既に公式ラインを作成しているため、「はい」の選択肢となります。

まだ公式ラインが作成されていなければいいえを選ぶかこの記事の上部から公式ライン作成方法をご確認ください。

既存の友だちとの連携は一時的に切れますが連携復活方法のマニュアルを進呈します→次へ

今公式ラインを作成したばかりであれば全く問題ないため「次へ」をクリックしてください。

一方既に公式ラインを所有しているとここの文言を見て少し心配になるかもしれませんがご安心ください。

既存アカウントに既に友だちがいる場合、 プロラインに自動的には友だちが認識されません。

しかし公式LINEの全体メッセージ配信機能で呼びかけることで既存の友だちも認識できるようになります。

この上手なやり方は連携完了時に分かりやすいマニュアルを配布してもらえます。。

 尚、万一連携回復がうまくいかなくても、 当ツールとLINE公式アカウントの連携を切ればちゃんと元通りになりますので安心してメインアカウントを設定してください。

ベーシックIDの入力

画面に表示されている[ LINE Official Account Managerにログイン ]をクリックして公式ラインのページに飛びます。

その後紐づけたいアカウントを選択してアカウントの操作画面に移動

画面右上の[ 設定]をクリック

画面下方「アカウント情報」の下の「ベーシックID」を抜き出す。
※プレミアムID(自分で決めたID)とは異なりますので注意。

プロラインフリーの画面に戻って「ベーシックID」を張り付けて次へを選択します。

よく理解できなければ以下のページも参考になります。

プロラインフリー マニュアル
【既存】のLINE公式アカウントを使用してプロラインと連携 | プロラインフリーオンラインマニュアル 現在お持ちの、LINE公式アカウントを使って、プロラインとLINE公式アカウントを連携させる(プロラインを使えるようにする)手順を解説します。 手順1:アカウント初期設...

Channel IDを登録する

次にChannel ID シークレットIDを登録していきます。

まずは「ここをクリックしてChannel IDを確認する」を選択します。

Messaging APIを利用するをクリックします。

始めて公式ラインと紐づける際には「プロバイダーを選択」という画面が出ます。

プロバイダーを作成の中に好きな文字列を入れてください。

ここの文字列は何でも大丈夫です。好きに決めてください。

決まったら「同意する」をクリックします。

プライバシーポリシーと利用規約何も入力しなくても大丈夫です。

空欄のままOKを押します。

その後出てくるChannel IDをコピーし、プロラインフリーの画面に張り付け「次へ」をクリックします。

同様に「Channel secret」の入力を求めらるので、Messaging API画面に表示されている「Channel secret」をコピーして、プロラインに貼り付けてください。

よく理解できなければ以下のページも参考になります。

プロラインフリー マニュアル
Messaging APIの利用設定 | プロラインフリーオンラインマニュアル この記事は、初めてMessaging APIを設定する人向けの案内です。 既にステータスが「利用中」の場合は、「手順5」へ進んでください。 手順1:「Messaging APIを利用する」を...

Webhook URLを設定する

Webhook URLを設定を変更するをクリックします。

「設定完了」と表示されたら、次へをクリックしてください。

応答設定を設定する

ここが一番間違えやすい工程です。

LINE Official Account Manager-応答設定をクリックすると公式ラインの画面が開きます。

そのページの基本設定を以下の画像のように「上、下、下、上」の順で選択してください。

その後プロラインフリーの画面に戻り「保存」をクリックします。

設定が正しく反映さえれているか確認

正しくアカウント設定ができていれば、通常のラインアカウントで友達登録を行った瞬間自動メッセージが届きます。

※既に友達の場合はブロックしてブロック解除をするとメッセージが届きます。

メッセージが届いたら、✅を入れ「完了」をクリックしてください。

お疲れさまでした!

以上でアカウント連携が完了となります。

10個のステップ配信で収益を倍増させる自動販売戦略の受け取り方

1記事目を最後まで読んでいただきありがとうございました!

これで自動販売戦略を始めるスタートラインに立つことができました。

最後に次の特典の受け取り方をお伝えします。

以下のラインに登録していただきます。
するとメッセージに次の特典を貰うための方法が表示されますのでそれに沿って私にメッセージをください。

友だち追加

このラインでは導入サポートも行っていますのでお気軽に質問してください!

以上で1記事目は終了となります。

また次の記事でお会いできることを楽しみにしていますね!